予備試験を独学・1年で受験してみた

非法学部生が独学・1年未満で予備試験に挑戦してみました。勉強で悩んだときに来れば、悩みが解決されるようなブログを目指します。

予備試験対策として行った勉強の方法(勉強時間、テキストなど)Part1

司法の犬です!

今回の記事は、手元の勉強記録をもとに、「独学でやってきた僕がどんな勉強法を採っていたのか」について書きます。

 

  

司法の犬の基本情報/基本的な勉強スタイル

  • 非法学部の大学4年生で、昨年(2017年)の前期試験終了後である8月頭から勉強開始。
  • 基本的に過去問のみ(たまに六法見る)を、解きもせずに、「①問題を読む→②答えを見る」のサイクルで回して、「この問題が来たときは、こう答える」ということを叩き込んだ。

無駄を繰り返した日々(2017年8月~9月中旬) 

短答の勉強から始めてしまいましたが、これは大きな失敗でした。

今となっては、絶対に論文の勉強からすべきだったと強く後悔しています。

というのは、勉強は「俯瞰→細部」の流れで行うほうが理解ができるからです。

使用教材

『体系別短答式過去問集』(早稲田経営出版)から学習を開始しました。

同書を1ヶ月半程で法律科目の各科目を2周ずつしました。

勉強時間

1日6時間~7時間くらい勉強していました。このときがピークだったように思います。

 

勉強の初期段階(2017年9月中旬~11月下旬)

やっと論文式の勉強を開始しました。振り返ると、この時期にはじめて「試験対策として意味のある勉強」をしたと思います。

使用教材

『論文の森』(LEC)の法律科目+実務基礎科目を各6周しました。

論点の網羅性は、(過去問だけで済まそうとしている)僕にとっては物足りなかったですが、解説がものすごく丁寧なので初学者でも理解できました。


司法試験予備試験 新・論文の森 民法[上] 補訂版

後にやることになる『スタンダード100』へ進むためのファーストステップとして、問題・参考答案・解説を読み込みました。

1~2周目は1冊を1周するのに3日くらいかかっていたと思いますが、

『論文の森』は薄いので、3周目くらいから、1冊を1周するにあたり要した時間が3~5時間くらいに減縮されました。

但し、『論文の森』の実務基礎科目に関しては、予備試験の問題傾向にあまり沿っていないので、(後から考えると)あまり役に立たなかったと思います。

勉強時間

大学の後期が始まったので、勉強時間は1日あたり3~5時間程度でした。

学期の中間など課題が多くなった時は、30分~1時間になる日もありました。

 

本格的に論文対策をした期間(2017年11月下旬~2018年3月下旬)

論文の森では足りないと思っていたところ、学者の演習書と迷いましたが、網羅性が高いという理由から『スタンダード100』(早稲田経営出版)をやることにしました。

後から振り返ると、『スタンダード100』にして正解だったと思います(細かい字で7科目合計5702ページもある量が半端ない教材ですが)。

使用教材

『スタンダード100』です。


司法試験・予備試験 スタンダード100 (2) 民法 2019年 (司法試験・予備試験 論文合格答案集)

唯一のミスは、同書は実務基礎科目については、網羅性が全くないにもかかわらず、他の教材で勉強しようとしなかったことです(これに気づいたのは2018年7月の論文試験後)。

実務基礎は、この時期から辰已法律研究所の『法律実務基礎ハンドブック』をやっておくべきでした。

 『スタンダード100』でも「問題文を読む→参考答案を読む」の流れは崩さすにやっていました。

参考答案を読む際は、キーワードにマーキングをしていました。

(例:刑訴法317条の証拠能力の論点ならば、自然的関連性、法律的関連性、証拠禁止に当たらないこと、の3つのワードにマーキング)

勉強時間

4~6時間でした。 

長くなりましたので、続きを別の記事に書くことにして、一旦締めたいと思います。お読みいただきありがとうございます。

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験予備試験へ
にほんブログ村