予備試験を独学・1年で受験してみた

非法学部生が独学・1年未満で予備試験に挑戦してみました。勉強で悩んだときに来れば、悩みが解決されるようなブログを目指します。

平成31年度 TKC司法試験 全国統一模試 感想

 

サボりすぎました。

マズいですね、短答論文ともに予備組最下位レベルです。

あと70日くらい頑張ります。

 

短答

憲法35/50

民法69/75

刑法35/50

 

論文予想

憲法C

行政法A

民法F

商法A

民訴法B

刑法D

刑訴法C

労働法50点前後

 

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験予備試験へ
にほんブログ村

平成30年度 行政書士試験 合否通知書(成績通知)

f:id:SHIHOUnoINU:20190204133734j:plain


ブログに上げるのも躊躇するくらいギリギリ合格でしたw

行政法会社法の勉強をもっと頑張ろうと思います。

 

 関連記事

shihounoinu.hatenablog.com

 

 

ブログ更新停止中も月2万PVくらいあるみたいでビックリです!

またしばらく更新停止しますが、当ブログを引き続きよろしくお願い申し上げます。

 

 にほんブログ村 資格ブログ 司法試験予備試験へ
にほんブログ村

平成30年度 行政書士試験 結果(臨時記事)&勉強法最新版&謝罪

こんにちは、司法の犬です。

 

(1)

行政書士試験に合格しました。

需要があるのかわかりませんが、後日得点開示等載せてみようと思います。

行政書士の難易度としては、予備試験の短答に通る人だったら、

よほど一般教養が弱くない限り行政書士も通ると思います。

 

(2)

最近は予備試験受験の時よりもシステマティックに勉強するようになりました。

以下の三冊は、お勧めです。(上2冊は記憶について、最後の1冊は習慣について)

今までの勉強法が誤っていることを示し、本当に正しい勉強法を教えてくれる至高の一冊。

※この本は、隅々まで注意深く読む必要があります(でないと誤解をするおそれアリ)

例えば、以下のような受験生がやりがちな勉強法は誤っています。


使える脳の鍛え方

×月曜日:行政法 火曜日:憲法 水曜日:商法…などの1日1科目

×テキストを1章から順番に読む

×テキストは読めば読むほど学力が上がる

×マーカーを引くとよい

 


受験脳の作り方―脳科学で考える効率的学習法 (新潮文庫)
  

大事なテクニックが分かりやすくまとめられていて、簡単に始められます。


男の子の学力の伸ばし方
 

(男性向け)

中学受験向けの本ですが、人間そう簡単に変わらないよね(だから今でも使えるはず)と思って読んでみました。

ちなみに女性向けの『女の子の学力の伸ばし方』という本もあります。

 

他に、習慣について扱っている本で良いのは、以前おすすめしたこの2冊です。 

shihounoinu.hatenablog.com

 

違う勉強法を知りたい方は、ページ最下部のカテゴリ「勉強法」へどうぞ。

 

(3)

話は変わりまして、

僕はtwitterを全然更新してないのですが(面倒なので)

先日は司法試験に関係ない通知をやたらと鳴らしてしまいフォロワーの方には大変ご迷惑をおかけしました。

申し訳ありませんでした。

 

P.S.

あ、司法試験の選択科目は労働法にしました。 

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験予備試験へ
にほんブログ村

司法試験予備試験に独学・1年で合格しちゃったブログの人気記事BEST10

最近このブログを見始めたという方向け。

ブログ開設時~現在(2018年11月中旬)のページ別累計アクセス数ランキングです。

 

1位 予備試験論文試験合格発表の記事

shihounoinu.hatenablog.com

 

2位 独学の僕が採った勉強法(基本スタイル編)

shihounoinu.hatenablog.com

司法の犬は速読ができるということを前提にお読みください。 

 

3位 予備試験論文試験 成績通知書

shihounoinu.hatenablog.com

 何度見ても無対策とはいえ実務基礎科目がヒドい・・・

今は、多分A~Cは取れる実力ありますからね汗(言い訳)

 

4位 独学でやろうとしている人を頑張って止めようとする経験者の記事 

shihounoinu.hatenablog.com

今でも、予備校を使ったほうが絶対に良いと思っています。

独学で司法試験・予備試験の勉強をするのは本当に苦労しますよ。

 

5位 独学の僕が採った勉強法(直前期編)

shihounoinu.hatenablog.com

司法の犬は速読ができるということを前提にお読みください。

 

6位 口述試験合格発表

shihounoinu.hatenablog.com

 

7位 予備試験短答試験の成績通知書

shihounoinu.hatenablog.com

 

8位 司法の犬の詳細プロフィール

shihounoinu.hatenablog.com

見なくていいです、ホントに。

 

9位 効果の出る努力の仕方~練習で大事なのは目的意識/頑張りすぎてもダメ

shihounoinu.hatenablog.com

記事では本について、映画の予告編程度の紹介しかしていません。ですので、詳しくは本屋や図書館で見て、気に入ったら購入してみてください。

 

10位 2週間でやった口述対策、実務基礎科目対策 

shihounoinu.hatenablog.com

司法試験の過去問見ると、民法で要件事実の問題(即時取得、代理など)訊かれてたり、刑法で犯罪事実認定を訊かれてたり(殺意の認定…自動車からの振り落としや相手をよく見ないでカッターナイフで刺したなど)するんですよね。そういう本試験に活きるという意味でも実務基礎科目は絶対にやってください(論文前にやらない人なんて僕くらいか)。

 

 以上、お読みいただきありがとうございます!

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験予備試験へ
にほんブログ村

更新停止のお知らせ

 

司法の犬です。

 

予備試験を受験して思ったのは、やはり自分は努力が足りずダメだ、ということです。

予備試験を通過した強者たちと、予備試験よりも難しい司法試験で戦うために本気で努力します。

第一歩として、ネットを断ちます。

来年度の司法試験受験終了後までは、更新致しません

 

ただ、自賛になってしまいますが、

このブログは他の受験者ブログとは大分内容が違うはずです。

その点で何かヒントになることがあるかもしれませんので、このブログを今まで読み続けてくれた方は、過去の記事をたまに見返してみて下さい。

 

以下、補足です。

・2018年12月1日22時まで質問等はコメント欄でしていただいて構いません。

(ただし返信が遅くなり、簡潔になると思われます。ex要約すると〜です。『〇〇』という本に書いてあるので読んでください)

それ以降はコメント欄をブログ再開まで閉鎖します。

・司法試験の再現答案をアップします。

  

僕がネットを見るとしたら誓って下記の動画とGFRIENDの公式HPだけですので、

(するとしても行政書士試験の結果以外で)このブログが更新されたり、司法の犬を名乗る者が現れたら、乗っ取り又はなりすましだと断定してください…


PRODUCE48 [단독/직캠] 일대일아이컨택ㅣ미야와키 사쿠라 - ♬내꺼야 180629 EP.3

※韓国語ですが、日本人です。(動画タイトル参照、ハングルだけど)

 

以上です、来年の5月下旬にまたお会いしましょう!

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ
にほんブログ村

平成30年予備試験口述試験成績通知書/口述模試の結果

司法の犬です。

タイトルの通りです。

早速行きましょう。

f:id:SHIHOUnoINU:20181117160635j:plain

 

やっぱりギリギリだったか…危ない。

 

参考までに、口述模試の結果

辰巳口述模試(学習開始2~3日)民事A 刑事A~B(AとBの中間に○してあった)

伊藤塾口述模試(学習開始1週間くらい 民事61 刑事60

資格スクエア口述模試 民事60 刑事61

f:id:SHIHOUnoINU:20181109093351j:plain

 

口述試験の感想

・待ち時間にお腹空きます 

伊藤塾で配られる再現を見ればわかりますが、模試よりも本番の方が採点厳しいです(というか模試の採点が甘いです)

・土曜日の夜は、勉強する気にならず、名探偵コナンを見たくなります

 

以上、お読みいただきありがとうございます。

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験予備試験へ
にほんブログ村

Amazonなどネットでの書籍レビューの見方

司法の犬です。

今日は、僕がAmazonなどで、参考書を含めた本のレビューを見る時、どこに注目しているかをお話しします。意外に役に立つかもしれないので、ご興味のある方はお読み下さい。

レビューは★1~2の低評価を参考にする

高評価が多いのに買ってみて残念に思う商品ってありますよね?

高評価が多い商品はもちろん良い商品もあるのですが、★5って意外と「何も考えず無批判に」付けられていることも多いんですよね。

こういう無批判の★5は商品の質を判定する上で、あまり意味がないです。

その点、★1~2の場合は、レビューしている人が商品を実際に使った上で、自分の頭で考えて本音(の不満)を書き込んでいます。

この★1~2の内容でその商品の質が分かったりします。

例えば、僕は★1~2のレビューが

・「著者の主張に根拠がない」

・「事実と違うことをいっている、自分の考えを言っているだけの本(学術書なのに)」

・「翻訳が下手過ぎて、日本語として意味が通ってない」

というような、「誰が見てもマズい」と思う商品には警戒します。

他方、

・初歩中の初歩で、もう知っている内容

・配送が遅い(商品関係ない)

・本で言われていたことは、私にはできませんでした(他の人はできる可能性がある)

というような、「人による」内容のレビューはほぼスルーしています。

 

もちろんここに書いてあることは、⑴書籍を選ぶ際のみに用いている⑵原則なので、例外はいくらでもあります。

 

以上です、お読みいただきありがとうございます。

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験予備試験へ
にほんブログ村 

司法の犬が勉強の合間にやっている休憩方法

 

 

・目をつぶっている(寝る)…目をつぶって視覚から入ってくる情報を遮断することで、脳を休ませています。

これが休憩の基本形態ですね。

 

・風景写真を見る

下記画像の風景写真集をよく見ています。

f:id:SHIHOUnoINU:20181112135028j:plain

クロアチアプリトヴィツェ国立公園がお気に入りです。

ネットでも簡単に自然の映像は見られるのですが、

一度ネットを始めてしまうと、サーフィンしてしまうおそれがありますので、

勉強の休憩時間中にはネットを触らないためにも、僕は本で持っています。

以前「科学的に効果のある努力のやり方」という記事*1で紹介した

『PEAK PERFORMANCE』でも自然の写真を見るのは、脳科学的にオススメの休憩方法として挙げられています。

 

・ほんとに稀にスクワット…血流が良くなって集中できます。

 


DESTINATION BLUE 青の目的地 (The Earth Symphony)

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験予備試験へ
にほんブログ村

勉強をするコツ(自習・環境)

司法の犬です!

自習をするにあたって重要なポイントは、「場所を選ぶこと」「場所を整えること」だと思います。

両者は自分にとって勉強しやすい状態を作り出すという目的は共通であり、その目的を達成するために、勉強しやすい既存の環境を「選ぶ」か、勉強しやすい環境を自分で「作り出す」かということです。

 

・「選ぶ」とは

既存のものを使ったほうが手間はかかりませんので楽ですので、こちらが基本形です。

例えば、図書館やカフェで勉強する人は、(家から離れていて誘惑を断てるなどの理由で)勉強しやすい場所としてそこを「選んでいる」ことになります。

人間は、「〇〇ならば、□□する」といった条件付けをすると行動しやすくなるので、「この場所に来たら、勉強する」という条件付けがなされているという意味で「勉強場所を選ぶ」ことはGOODです。

 

・「整える」とは

「選ぶ」段階を終えたあと、その場所を自分なりにカスタマイズします。

例えば、僕は自宅周辺に自習室付きの図書館などはありませんので、自宅で勉強します。ただ、学校や予備校などの自習室のブースの形にカスタマイズしました。

というのは、ブース型の自習室で集中できるのは、自習室が勉強をする場所として認識されている(先述の条件付けにあたる)ということや、周囲が勉強しているなどの理由に加えて、あの机の形が集中力を上げてくれる事がわかっています。

ただ、ブース型の机は値段が高いので、司法試験予備校なんてとても使えない程度に貧乏人の僕はタダでカスタマイズしました。

 

f:id:SHIHOUnoINU:20181107235901j:plain

 

 

どうですか、これw ヒドい見た目でしょう?

机にガムテープでスーパーでもらえるダンボールを貼り付けています。

でも、こんなのでも効果あるんですよ。

 

最後に一言、言わせてください。

千代田図書館や文京区真砂中央図書館、中央区の図書館(日本橋、京橋、月島)使える方、ホントに羨ましいです。

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験予備試験へ
にほんブログ村

【祝】宇都出雅巳先生のブログ記事に紹介された記念、司法の犬流「複数行読み」のやり方

司法の犬です。

 

以前書いた速読の記事が、その速読法のネタ本の著者である宇都出雅巳先生のブログ記事で紹介されました!(パチパチ)

shihounoinu.hatenablog.com

宇都出先生のブログの「2018-11-11 21:33:03」の記事です。

はい、ちょっと舞い上がっております。

 

司法の犬流「複数行読み」のやり方 

最初にポイントを言ってしまうと、宇都出先生のブログの当該記事における本書引用部分での一文「リラックスして、中心視野、周辺視野を問わず、視野を広く保って見ること」です。

一度で理解しようとすることなどが原因で集中しすぎる(=緊張する)と、一文字一文字をじっくり見ていくことになります。

そうなると読むのはどうしても遅くなります。

それはそれは、僕も最初は視野を「一点集中」から「リラックスして視野を広く保つ」よう矯正するのには苦労しましたが、それもはじめの3週間程度でしょうか(ただ、これができるかできないかでホントに違うんですよ)。

なお僕は、視野を広げて中心視野で文字を捉えるように意識していました。

というのは、周辺視野だと無意識では情報を脳に入れているのでしょうが、やはり顕在意識*1で情報を入れないと、曖昧なままで不安でしたので。

このときに、「視野を広く保っても中心視野では、1行ずつしか読めないよ」という方に、同じ悩みを持った僕がどのような方法を採ったのか紹介します。

それは、とある2行を、「縦書きなら右目で右の行、左目で左の行を捉える」「横書きなら右目で上の行、左目で下の行を捉える」ことです。要するに、「眼球1つにつき1行ずつを担当する」ということです。

 

ちなみに僕は、今は読み方が定着しているので、以上述べたことはあまり意識していませんし、少しレベルも上がっています。平易な内容の本である場合、横書きならほぼ目の動きは「左上から右下」、縦書きなら「右上から左下」で内容把握ができます。

もっとも「ストック=前提知識、基礎知識」のない分野であれば、やはり基本である「2~3行読み」に戻るのですが。

 

Q.このテクニック、初見の本でも使えるの?

僕は(当然のように)使えます。

そのような読み方をしていると、いずれ定着する(人もいる)のだと思います。

 

以上、緊急記事でした。お読みいただきありがとうございます!

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験予備試験へ
にほんブログ村 

*1:無意識の対義語で、普段我々が使う「意識」と同義