予備試験を独学・1年で受験してみた

非法学部生が独学・1年未満で予備試験に挑戦してみました。勉強で悩んだときに来れば、悩みが解決されるようなブログを目指します。

予備試験対策として行った勉強の方法(勉強時間、テキストなど)Part2ー直前期編

司法の犬です!

今回の記事は、前回の続きです。

(前回の記事はこちら)

shihounoinu.hatenablog.com

 短答試験対策期間(2018年3月下旬~5月19日)

短答試験の対策を始めたのは、やや遅めだと思います。

自分としては、もう少し早め(2月中旬頃)に始めるべきだったかな?と思います。

使用教材

『肢別本シリーズ』(辰已法律研究所)です。

各科目の回した回数は、

憲法行政法民法、商法→6周

民訴法→5周

刑法、刑訴法→4周(刑事系は論文対策でカバーできる部分が多かった)

です。

勉強時間

1日あたり3~5.5時間でした(但し、短答試験約1週間前の5月12日からは4~9時間勉強しました)。

 短答試験終了後、論文試験まで(2018年5月21日~7月14日)

使用教材

変わらず『スタンダード100』で論文対策をしました。

2017年11月から通算で、同書は新司法試験・予備試験問題は14周ほど、旧司法試験問題は12周ほどしました。

が、この時期に行った勉強は、新司+予備3周&旧司2周だけです(サボりすぎw)


司法試験・予備試験 スタンダード100 (4) 行政法 2019年 (司法試験・予備試験 論文合格答案集)
 

勉強時間

1日あたり1~4時間という燃え尽き症候群っぷりを発揮しました。

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験予備試験へ
にほんブログ村

以上です!お読みいただきありがとうございます!