予備試験を独学・1年で受験してみた

非法学部生が独学・1年未満で予備試験に合格。唯一の予備試験完全独学ブロガーとして、他のブログとは違う情報提供を行う。ブックマーク、お願いします。

最後の挨拶

司法試験に合格しましたが、未だ僕好みの美女から交際の申し込みはありません。

司法の犬*1です。

 

 

予告通り、ブログの更新を停止します(数年後に情報が風化すれば削除します)。

また、Twitterを閉鎖します(ブログと内容がかぶっているので不要でしょう)。

※今後いかなる場合でも、司法の犬の名で活動することはありません。

司法の犬の名を騙る者がいればそれは偽物だと断定してください。

 

司法の犬の戦歴(簡易版)はこちらです。

2018年予備試験初受験*2

(受験者ID上4桁から2018年初受験であることが分かる)

f:id:SHIHOUnoINU:20190922100608j:plain 

 

2018年予備試験成績

shihounoinu.hatenablog.com

shihounoinu.hatenablog.com

shihounoinu.hatenablog.com

 

2019年司法試験成績 

shihounoinu.hatenablog.com

f:id:SHIHOUnoINU:20190922102150j:plain

 

 

正直に言って、僕は他の司法試験受験生に比べて全然努力していないと思います。

勉強期間も短く(予備受験まで1年未満)、1日あたりの勉強量も少ないので…

それでもトントン拍子で予備試験にも司法試験にも合格できたのは、『使える脳の鍛え方』『進化する勉強法』などの書籍から効率的に知識を吸収する方法論を知ったのが大きかったと思います。

shihounoinu.hatenablog.com

(この方法論を試験勉強に取り入れたのは、去年11月頃~で日が浅いというのは内緒。それでも予備から司法にかけて成績は伸びているので、記憶の定着度が非常に高くなるのみならず、即効性もあるのでしょう。)

 

 

最後のお願いになりますが、

このブログを読んで効率的な勉強法や人によっては司法の犬の社会不適合な思考回路)を知った方は、ぜひそれを周囲の人々やお子様など次の世代にも広めてほしいです。

 

僕は大学生時代、日本の教育水準の低下を憂慮していました。

文部科学省に入省して今すぐ政府高官になり、AO入試を禁止する方向に持っていきたいという妄想すらしていました。まあ、無理な話なのですが…

 

そこで、問題の本質はどこなのかと考えると、別にAO入試を潰さなくても、

若者らの学力が向上すればいいんじゃないの?と思うようになりました。

 

というわけで、皆様。

このブログをお読みの皆様は世間的に相当学力水準の高い方ばかりであると思います。

そんな皆様が、お子様を持った時、科学的に正しい勉強方法をお子様に伝えて無駄な苦労をさせずに成績を伸ばしてあげてください。当該方法論を知っているか否かで成績の伸びは大分変わります。そして、お子様に勉強への興味をもたせてあげてください。学歴が良い方が収入も良い傾向がありますから、その点でも学力を伸ばすことは良いことだと思います。

 

そして、お子様の学力が高くなった場合、保護者同士で「お宅の息子さん/娘さんは、頭良いね~どうしたらそうなれるの?」という会話が必ず出てくると思われます。

その際、友達の保護者にも科学的に証明された方法論をぜひ伝えてください

 

このように効率的な方法論を伝播していくことで、皆様の周りから少しずつ、この国の将来を担う人材の学力向上を図ってほしいというのがお願いです。

 

以上

 

 にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ
にほんブログ村   

*1:ちなみに、「司法の犬」の名前の由来をまだ伝えていなかったのでお話します。僕は全く犬好きではありません。司法試験もしくはブログ開設当時受験を検討していた司法書士の奴隷、つまり、僕は「司法○○」の忠実なペットであるという自虐的な意味で付けました。

*2:おそらく僕をよく思っていない方から「あなた本当に初受験での予備合格か?」とのコメントが複数届いておりますので、証拠の画像を提示します。画像は予備試験短答試験の成績表です。