予備試験を独学・1年で受験してみた

非法学部生が独学・1年未満で予備試験に合格。唯一の予備試験完全独学ブロガーとして、他のブログとは違う情報提供を行う。ブックマーク、お願いします。

司法試験受験生の就職活動についてPart.4

※現在ブログやTwitterでは、コメント欄での質問を受け付けていません。

Twitterでのご報告が先となりましたが、ブティック系事務所から内定を貰いました。

 

合格発表直後の内定だということを踏まえると、今まで僕が落とされてきたのは、予備試験の成績が悪かったことが懸念点だったのかもしれませんね。

 

あるいは、Q「将来弁護士として何をやりたいの?」という質問に対して、

今までは「いろんなことに興味持ってます(何でもいい)」という話をしていたのが、

「特定のコレコレという分野をやりたいんです。理由は・・・で、こんな方向で仕事をしていきたいと思うんです!!!」

という感じで、セオリー通りに①具体性を持たせたのと②将来の話をするようになったのが要因かもしれません。

 

 

…いや、内定を貰えたのはまぐれかもしれませんね( ´∀` )

心理学の研究で「人間は、成功した事案については自分の能力や努力の結果だと思い、失敗した事案については環境や他人のせいだと考えてしまう傾向がある」というものがあります。

例えば、

・(成功)営業の仕事で今度の契約を取れたのは、自分の努力のおかげだ

・(失敗)待ち合わせに遅れたのは、雨で足元が悪かったからだ、バスがちょっと遅かったからだ(自分の力で身支度をもっと早く済ませることも可能だったのに)←僕の経験

僕が今回内定を頂けたことは、ホントにまぐれかもしれないので、調子に乗らずこれからも身を引き締めてコツコツやっていきたいと思います!

  

 にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ
にほんブログ村