予備試験を独学・1年で受験してみた

非法学部生が独学・1年未満で予備試験に挑戦してみました。勉強で悩んだときに来れば、悩みが解決されるようなブログを目指します。

予備試験、独学・1年合格の具体的な勉強法【リクエスト記事】

大それたタイトルですみません、司法の犬です。

 

「復習の頻度や勉強計画の立て方、勉強日記の有無など」もう少し細かく勉強法を教えてほしい、との声をいただきましたので、それにできる限り答えようと思います。

とはいえ、記憶が脱落している部分も多分にありますので、そこはご容赦ください。

枝葉のテクニック(魚を与えるより、魚の釣り方を=勉強法の作り方のタネ本)

(はじめに注意)僕が採った勉強法が絶対の正解ではありませんし、人それぞれ特徴があるので、他人のやり方を完全に真似するよりも、ご自身にあった形でアレンジしてください。

僕は「勉強法オタク」でしたので、勉強法の本を読みまくりました(貧乏なのでもちろん図書館でw)。

そこから、勉強法を形成するに当たり採用した本を、簡単な要約もしくは役に立った部分のピックアップとともに紹介します。

すみません、僕の時間的余裕もないので。実は、現在このブログは、11月8日の夜に書き溜めた記事を吐き出しているだけの段階にあります。

気になる方は、ご自身でお読みください。申し訳ないです。

復習の方法、計画の立て方

・超速太朗『「一発合格!」勉強法』

著者名(ペンネーム、本名は岡太朗という社労士試験の講師らしい)や装丁は怪しいが、内容は至極マトモ。

・勉強計画は、ゴールからの逆算で立てる

・勉強の進め方(最初は過去問を中心とする問題集でポイントとなる箇所を把握→授業テキストの順に進むと、試験に受かりやすい形で知識定着)

・復習の仕方(「繰り返しの魔法」と題して、同一範囲を何日間か連続して復習することで、①記憶定着が図れる②時間に余裕が出てくる)


短期合格者だけが知っている! 「一発合格!」勉強法
 

 

佐藤大和『ずるい暗記術』 

『「一発合格!」勉強法』を読む以前に使っていた本ですが、内容は一発合格本>ずるい暗記術ですし、前者で内容的にもカバーされていますので一発合格本があれば不要かと。


ずるい暗記術―――偏差値30から司法試験に一発合格できた勉強法
 

 

※参考

メンタリストDaiGo『倒れない計画術』

僕が受験期に使っていなかったけれども、後で非常に有用だと思ったコンテンツ

なぜ計画通りに行かないのか、その原因を明らかにし、

科学的に効果のある「倒れない計画を立てる方法」を伝授してくれる。

MACメソッド」と「疑問型セルフトーク」は、非常に有効。

 
倒れない計画術:まずは挫折・失敗・サボりを計画せよ!

僕は、これに加えて「パーキンソンの法則*1」に注意した計画の作成をすると良いと思います。

例えば、試験まであと1年あるとしたら普通の計画作成方法だと、

「6ヶ月で入門講義やって、4ヶ月で問題演習やって、2ヶ月で今までの復習と過去問をやる」というような1年を目一杯使った計画を立ててしまいます。

これをパーキンソンの法則に注意した計画作成に変更する場合、

まず1年を6ヶ月×2や3ヶ月×4、「8ヶ月&4ヶ月」に分割します。

すると「あと6ヶ月で試験だとしたら、その中で最も点数をアップする方法は何だろう」と考えるようになります。

そして、「4ヶ月で入門講義やって、2ヶ月で重要問題解きながら過去問見てみる」などの具体的な計画に落とし込むわけです。

そして、6ヶ月が経ったらもう一度「あと6ヶ月で最も点数をアップする方法は?」と考えて、実行するということを繰り返すことになります。

 

参考:基本となる勉強法についてはこちらの記事

shihounoinu.hatenablog.com

 

司法の犬の勉強日記(メモ書き多くてすみません)

スタンダード100最初の1~3周目(2017年11月19日~)

f:id:SHIHOUnoINU:20181110204631j:plain

スタンダード100の4~6周目

f:id:SHIHOUnoINU:20181110204624j:plain

 短答時の勉強日記(東京都、裁判所、国家総合職というのは公務員試験のことです)

f:id:SHIHOUnoINU:20181110205207j:plain

 

最後に

最後に一言付け加えますと、僕の勉強法や計画の立て方は特別なやり方ではありません。「司法の犬の真似をしたい」と思っていらっしゃる稀有な方は、速読術を身に付けてください。

「速読できること」が、唯一僕が自信を持っていることで、誇っていることです。速読なしでは口述や論文の合格はもちろん、短答の合格すら怪しかったかもしれません(とくに短答と口述は、速読を活かした直前の大量詰め込みで受かった形ですので)。

 

もう方法論の点でお伝えすることはありません。全て手の内を明かしてしまいました…(あとは僕の速読する時の目の動きくらいじゃないですか?笑)。

 

以上です!お読みいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験予備試験へ
にほんブログ村 

*1:「人間は時間があると、その時間を目一杯使うだけの計画を立ててしまい、結果として無駄が生じやすい」ということ