予備試験を独学・1年で受験してみた

非法学部生が独学・1年未満で予備試験に挑戦してみました。勉強で悩んだときに来れば、悩みが解決されるようなブログを目指します。

【試験でミスして後悔しない】試験本番で緊張しない方法

司法の犬です!

今回の記事は、ちょっと雑感というか愚痴みたいなことなので、受験勉強に直接有益ではないですが、ご興味があれば読んで下さい。

大事な試験の本番って判断能力落ちますよね

1年に1回しかない大事な試験だということから極度の緊張が起こるのが原因でしょうか。普段であれば、難なく解けるような問題でミスしてしまうことってありますよね。

後になってから、5回くらいは大きなため息をついて後悔してしまうものです。

 

一例として、司法の犬の予備試験本番でのミス

Case1(論文試験)

一番大きいミスは、民事実務基礎の設問3の民法508条(相殺と時効消滅)について白紙にしたことです。

 (設問3の問題を解いているときの司法の犬の頭の中)

時効消滅に対する抗弁だと?見たこと無い問題だな、総則かなぁ?→144条以下を一生懸命探す。

→見つからないまま15~20分くらい時間かかったので一旦とばす→刑事実務が初見論点ばかりで、条文をセコセコ引いてたら時間がかかる→民事実務設問3が白紙のまま試験終了(涙目)

(これに対する、本番直後の昼休みでミスに気付いたときのツッコミ)

「508条なんて択一の問題で散々見た問題だろうが。それに相殺についてなんだから、度忘れしたとしても、普通はまず505条あたりから条文探すでしょうが。

こんな条文引けば誰でも解ける問題落とすなんて…終わった。」

Case2(論文試験)

行政法→処分理由の呈示について「要らないよな~」と思った。が、憲法で75分かかったのに行政法で時間が20分以上余りそうだったので、時間がこんなに余るってことは、書かなきゃいけないやつかな?と思って書いたらやっぱり不要な論点だった(自滅)。

犬は前日の睡眠不足で、公法の時間中寝ぼけていたのだろうか。

 

Case3(短答試験)

僕は論文試験の日のみならず、短答試験前日も4時間程度しか寝られませんでした。

ちなみ司法の犬は、犬の名に恥じず幼い頃から10時間程度は寝るロングスリーパーです。普段10時間睡眠の人が4時間睡眠なんてした日には、眠気と吐き気がすごいです。

(豆知識:犬は12~15時間程度寝るようです)

 

そして、短答試験の模試すら受けたことがなくペース配分を知らない司法の犬は、最初の9:45~11:15の民事系科目で「後30分です」のアナウンスがあった時、まだ半分までしか解いていませんでした。

そこから犬は、全速力の速読(分速3000字程度)を使って時間内になんとか民事系科目を全問解き終えられました。しかし、限界値を超えて速読したせいで、得意なはずの民事訴訟法で問題の読み間違いをし、『肢別本』の問題そのままの問いを1問落とすという失態をしました。

 

反省を踏まえた試験本番で実力を出し切るための対策

①時間を計った本番シミュレーションはしたい

独学のくせに予備校肯定派の僕は、予備校答練や模試がベストだと思っていますが、

このシミュレーションは独学の人でもできるでしょう。

1、2回やるだけでも大分違うと思いますよ(ちなみに僕は1度もやってないw)。

②メンタルのコントロール
  • 本番で実力が発揮できないのはどうしてか

これは有名な話ですが、不安によって短期記憶を司る脳のワーキング・メモリがパンク状態になっているからです。

ワーキング・メモリがパンクしていると、「緊張で文章が頭に入ってこない」「本番中に突然何も考えられなくなってしまった」ということが起きます。

では、どうすればよいかというと、当然ながら不安を和らげる=メンタルを整えるということして、ワーキング・メモリを正常な状態に戻せば良いのです。

ワーキング・メモリを正常に戻す方法として、例えばテキサス大のペネベーカー教授によって「Expressive Writing」という方法が提唱されています(紙とペンがあればできるような、一切お金のかからない方法です。ぜひ「Expessive Writing」と検索して試してみてください。)

 

  • 試験前日に眠れないのはなぜ?

何度も同じことを考えてしまう反芻思考によって、脳が休息状態に入れないのが原因です。 ですから、反芻思考を止めればよいのです。試験前日にしてしまう反芻思考は不安から来るものでしょうから、「不安対策」と大いに重なると思います。

 

調べたら不安対策に良い本が見つかりました。 


ストレスを操るメンタル強化術

①リンクをクリックする→②カートに入れる→③お支払い方法の確認→④注文確定

(kindleの場合は、①リンクをクリック→②かんたん1click購入の2ステップだけ!)

 

「試験当日に実力を発揮できていたら合格できたのに…」と後悔したことはありませんか?今までいくら勉強しようとも、一発試験の場合は本番で出来なければ、何の意味もなくなってしまいます。

次こそは、試験当日に本来の実力を発揮して合格し、より良い人生を送りたいとは思いませんか?

この本は、その願望を叶えるにあたり、大きな手助けとなるでしょう。

 

・・・最近メンタリストDaiGoさんの作品を記事で取り上げることが多いですが、やはり人は良いものに集中しますよね(予備試験で言うと伊藤塾の呉先生みたいにw)。

メンタリストDaiGoさんは、YouTubeで無料の動画を公開しているので、まずは少しの時間を使って試しに視聴してみては如何でしょう?無料枠だけでも役に立つと思います。

(リンク)メンタリスト DaiGo - YouTube

 

ちなみに、僕は一時期DaiGoさんのニコニコチャンネルに入っていたので、これらの方法を知っていましたが、習慣にしていなかったため試験当日には「Expressive Writing」をやって不安を和らげようなんてことは思いつきもしませんでしたw

やはり「練習でできないことは、本番ではできない」と言われるように、普段から習慣化しておくことが大事なんでしょうね(猛省)。

 

以上です!お読みいただきありがとうございます!

 

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験予備試験へ
にほんブログ村