予備試験を独学・1年で受験してみた

非法学部生が独学・1年未満で予備試験に挑戦してみました。勉強で悩んだときに来れば、悩みが解決されるようなブログを目指します。

平成30年司法試験予備試験短答試験の成績通知/過去問だけで合格

司法の犬です!

今回の記事の内容は、「予備試験短答試験に独学・1年未満で挑んだ結果」です。

 予備試験短答試験の成績

平成30年司法試験予備試験短答試験の成績通知表の画像を掲載します。

f:id:SHIHOUnoINU:20180910011018j:plain

 

科目/点数(カッコ内は平均点―法務省HPより)

憲法19(16.8)

行政法20(12.4)

民法18(14.7)

商法22(12.8)

民事訴訟法19(14.7)

刑法26(15.7)

刑事訴訟法22(16.1)

一般教養33(27.9)

合計179(131.1)

順位は1050位でした!

 

こうして見ると…論文試験で戦えるレベルなのが刑法しかない(^^;

とくに憲法民法はヒドいものです。

 

受験日も、刑事系が終わって一般教養が始まる前の15:15~15:45の休み時間中に、

「あぁ落ちたかな。俺は一般教養で40点も取れないからなぁ…どうしましょ」と考えていました。

それぐらい自信がなかったです。

一般教養でも英語以外は全く自信がなかったので(てか、解けたけど予備試験の英語難しくないですか?早慶の入試レベルを軽く超えている気がする)…会場の早稲田大学から早稲田駅までの帰り道はうつむいていましたね。

帰宅後、予備校の採点システムで採点したときは、本当に安心しました。

独学で予備試験短答試験を受験しての感想 

独学・1年未満で予備試験の短答試験に合格することは可能だと思います!

僕は、短答対策としては、(手元の勉強記録ノートによると)

2018年3月23日から試験日の5月20日まで、辰巳の肢別本を各4~6周程度しました。

予備試験の短答試験については、「過去問だけで合格することが可能」だと思います。 


肢別本〈4〉民事系民法2〈平成29年度版〉
 

※僕の試験対策方法や使用教材は今後の記事でまとめようと思います。

 

そうすると、最難関レベルの資格試験である予備試験の短答試験が、過去問のみで合格可能なのであれば、

社会保険労務士宅建など「記憶系(計算などの現場思考を要しない)かつ短答式」

●教材が市場に十分出回っている

ような資格試験は過去問のみで合格可能と言ってよいのではないでしょうか。

 

この説によれば、例えば

社会保険労務士宅建行政書士→過去問のみで合格可能

数学検定、公認会計士→過去問のみで合格可能かどうか不明となります。

 

以上です!お読みいただきありがとうございます! 

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験予備試験へ
にほんブログ村